ブログ一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 新車をコーティング依頼するとき専門店が良いそれともディーラー?

新車をコーティング依頼するとき専門店が良いそれともディーラー?

お金を貯めて、ついに買ったピカピカの新車。
大事なお金で買った車ですから、綺麗に使っていきたいですよね。

新車を綺麗に保つには、「ガラスコーティングをするといい」と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
ガラスコーティング施工をすれば、車の艶や輝きがアップし、汚れも防ぐことができます。

ガラスコーティングをやろうと思ったときは、どこで施工するかを検討することが大切です。
そこで今回は、専門店とディーラーの違いのほか、ガラスコーティングをする際の注意点について解説します。
ぜひご一読いただき、お店選びの参考にしてくださいね。

ガラスコーティングとは車に保護膜をかけること

ガラスコーティング施工

ガラスコーティングは、車をガラス質の膜でカバーするものです。
ボディの艶をアップさせ、車を汚れから守る効果があります。

ガラスコーティングのメリットとして、カーワックスと比べて艶や輝きが長持ちしやすい、という点が挙げられます。
ワックスも車体に塗ることで艶や輝きをアップさせますが、その状態を維持するためには、こまめに塗り直す必要があります。
しかし、ガラスコーティングをすれば、その手間を省くことができます。

ガラスコーティングは、新車のうちに施すのがおすすめです。
手に入れたばかりの新車は、もっとも車が綺麗な状態です。
この状態でガラスコーティングを施せば傷がつくリスクを減らせます。
新車をピカピカな状態のままキープしたいのであれば、早めにガラスコーティングの施工を行いましょう。

専門店でガラスコーティングを行うメリット

ガラスコーティングを上手に仕上げるためには、熟練の技術が必要です。

ガラスコーティングの際には「下地処理」「コーティング剤の配合」などを行いますが、これらを素人が適切に行うのは難しいです。
技術や知識がない人が行えば、思ったような効果が得られない可能性があります。

専門店には、専門技術や知識を持ったスタッフがいます。
プロに依頼することで、質の高いガラスコーティングが施してもらえます。

専門店では事前にしっかりとヒアリングしてくれることも多く、希望によって仕上がり具合を調整してくれるのもメリットです。
ガラスコーティングの施工に不安がある方は、専門店に行って相談してみましょう。

ディーラーで行うガラスコーティングの特徴

ディーラーでも、ガラスコーティングの施工を受け付けています。
新車を購入した際に、そのままガラスコーティングの依頼ができるのが、ディーラーのメリットです。

しかし、ディーラーで依頼する際には、気をつけるべきポイントがあります。
大半のディーラーは、その店舗でガラスコーティングを施工しているわけではなく、専門店への外注で行っています。
そのため仲介マージンが取られて、専門店に直接依頼するよりも料金が高くなる場合があります。
料金が安い場合もありますが、その際は仲介マージンの割合が大きくなり、仕上がりのクオリティが下がってしまうリスクがあります。

外注ではなく、ディーラーにてガラスコーティングが行われている場合もありますが、専門的な技術を持たない社員やアルバイトが施工しているケースがあります。
その場合は、熟練者によるガラスコーティングよりも簡易的なものになってしまいがちです。

DIYで行うガラスコーティングの特徴

市販のガラスコーティング剤を用いれば、DIYでもガラスコーティングができます。
とにかく安い値段で済ませられるのが大きなメリットです。

しかし、DIYの場合にはさまざまな問題点があります。
ガラスコーティングは、「下地処理」という過程が重要です。
下地処理とは、コーティングを施す前に行うものです。
水垢や鉄粉などの汚れを落とし、次にコンパウンドという研磨剤を用いて車体を磨いていきます。
最後に脱脂を行って、車に付着した残留物を取り除いていきます。

これらの下地処理を行うことで、コーティングの効果を最大限に発揮させることができます。
しかし、下地処理を適切に行うには技術が必要です。
下手にやってしまうと、かえって車体を傷つけたり、仕上がりにムラができたりしてしまいます。
さらに、ガラスコーティングが完全に硬化するまでには、1〜2週間かかります。
この間に誤って手で触ったり、車の保管を怠って雨風にさらしたりすると、コーティング溶剤が剥がれてしまう可能性があります。

このように、ガラスコーティングをするには高い技術が求められるほか、適切な保管環境を整えることが必要です。
DIYは不可能ではありませんが、プロに依頼するより、どうしても質が落ちてしまう点を意識しましょう。

ガラスコーティングにおける4つの注意点

良い仕上がりを求めるのであれば、専門店でのガラスコーティングがおすすめです。
しかし、その際でも注意すべきポイントがあります。

1.定期的に洗車をしよう

専門店でガラスコーティングを行った後も、定期的に洗車をしましょう。
ガラスコーティングが長持ちするからといって、汚れを放置していると保護膜の劣化につながるほか、見栄えも悪くなってしまいます。

洗車をする際は、手洗いがおすすめです。洗車機の使用やブラシでのゴシゴシ磨きは、コーティングを傷つける原因になります。
コーティングを守るためにも、ホースで水を流しながら、シャンプーやクロスを用いて、丁寧に車を洗いましょう。

2.予算を考えよう

専門店ではクオリティの高いガラスコーティングが可能ですが、その分、お金はかかります。
車種やコーティング作業のやり方によって価格は変わりますが、およそ4万円〜20万円を目安に考えましょう。
軽自動車か大型車か、高いコーティング剤を使っているのかなどで、価格帯に幅が出ます。
複数の会社で見積もり合わせをして、プランを検討するのがおすすめです。

3.困ったら専門店に相談しよう

車が汚れたり、傷ついたりした際は、メンテナンスが必要です。
中には自分で行う方もいらっしゃいますが、間違ったメンテナンスをしてしまうと、かえって車体を傷つけてしまう可能性があります。
また、市販のメンテナンス剤を使う場合、中にはガラスコーティングに悪影響を与える成分が含まれているものもあります。
もし、メンテナンスで気になることや困ったことがあれば、専門店に相談するようにしましょう。
コーティングを施してくれた専門店であれば、車の状況を把握しているはずなので、なお良いです。

4.車庫や屋根の下で保管しよう

ガラスコーティングが丈夫なものだとはいえ、日光や雨風にさらされればそれだけ劣化が進み、水垢や泥で汚れていきます。
住まいによっては難しい場合もありますが、劣化や汚れを防ぐためにも、なるべく車庫や屋根の下で保管するようにしましょう。

まとめ

新車を綺麗に使っていくのには、専門店で質の高いガラスコーティングを施すのがおすすめです。大事な車をコーティングで守り、長く使ってくださいね。

佐藤自動車が行っているShiningCarsプロジェクトでは、ガラスコーティングの熟練者が施工を行っています。
さまざまな車種のコーティングを承っており、お客様の車に合ったガラスコーティングをご提案させていただきます。
電話や問い合わせフォームでのご相談を受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

関連記事