Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 車磨きを検証!塗装の細かい小さな傷を”ポリッシュ”で艶感アップ【プロの技術】

車磨きを検証!塗装の細かい小さな傷を”ポリッシュ”で艶感アップ【プロの技術】

今回は、「磨き」を行うことでどれほどツヤ感が出るのかについてお伝えします。
社用車であるホンダのアコードを使い、実際に磨き作業を行いました。
磨きをかける前と磨いた後の状態を、ぜひ画像で見比べていただければと思います。

動画もありますので、併せてご覧ください。

小さな傷がくすみの原因

トランクについた傷の状態をご覧ください。
白いスポットランプ(ライト)の映り込みを見ていただくと、分かりやすいかと思います。
表面に映っている照明の周りには、いろいろな細かい傷がついてるのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

何かがぶつかってできた傷やかすり傷など、小さな傷は、パッと見では目立ちません。
しかし、一見目立たないような傷が、実は車のくすみを作り出しています。
表面が曇ったように見え、綺麗なツヤがなくなってしまうんですね。
このアコードも、トランクが全体的にくすんだ状態となっています。

そこで、「磨き」が重要になります。
小さな傷は磨くことで消えるため、車のくすみが無くなり、ピカピカになるというわけです。

「磨き」の効果を実際に検証!

実際に社用車のアコードを使い、磨いたときと磨いていないときのツヤを比べていただきたいと思います。
あとで比較しやすいよう、ちょうどトランクの中心にテープを貼ってから作業を行います。
テープを境目として、トランクの右半分を磨いていきます。

なお、お客様のお車では、テープを貼るという行為は一切やりません。
なぜかというと、テープで仕切りと作ってしまうと、磨いた部分と磨いていない部分で「塗装の段」ができてしまうからです。

今回は、あくまで当社・佐藤自動車の検証用の車を使っております。
もしあなたがお車の磨きを行うときは、このようなやり方は絶対になさらないよう、お気をつけください。

それでは、さっそく磨きの効果を検証していきたいと思います。
磨き作業の流れとしては、まず少し粗めの「バフ」(研磨機の表面につけるもの)で磨きを行います。
その後、目の細かいバフにつけかえて、ピカピカになるように研磨していきます。

実際に磨きをかけた結果

こちらが、磨きをかけ終わった状態です。
テープの右側は、天井のスポットライトがくっきりと映っています。

一方、磨きを行っていない左側は、ライトの映り込みが、どこかぼんやりしていますね。
このように、映り込みが全然違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

磨きをかけると、このように傷がすべて取れるため、しっかりとした映り込みになります。
車全体がこの状態になると、ツヤが生まれて、「車が綺麗だね」と感じられるというわけです。

次に、テープを取って確認してみましょう。
少し見づらいですが、境目の部分に跡ができています。
磨いているところと磨いていないところを見比べていただければ、映り込みが全然違うことがお分かりいただけると思います。

磨きは、メニューによって回数が変わります。
ここからさらに磨きをかけると、もっとお車が綺麗になっていきます。

磨きすぎはNG。ベストなところで止める

注意点としては、「磨きをかけすぎない」ということです。
車の表面には「クリア層」がありますが、磨きすぎてしまうと、どうしてもこのクリアが薄くなってしまいます。
クリア層が薄くなるのは、お車にとってあまり良いことではありません。
そのため、ちょうどいい塩梅で磨きを止める必要があります。

ガラスコーティングを行うときは、このように磨きをかけて車をツヤツヤの状態にしてから、コーディング剤を塗布していくという流れになります。

設備も重要!当社自慢のコーティングブース

完成度の高いガラスコーティングを行うためには、コーティング作業を行う環境も良いものである必要があります。

当社・佐藤自動車では、環境設備にもこだわりを持っています。
当社のコーティングブースをご覧いただきたいと思います。

なお、動画でもコーティングブースをご案内しています。

天井とシャッターのある屋内ブースで、風や雨といった外部の影響を受けることなく、作業が可能です。

天井にはスポットランプ(ライト)を設置し、細かい車の傷までしっかりと確認できるようになっています。
前述してきたように、磨きをかけるときは、これらの照明で傷の状態を確認しながら磨いていきます。

このような良い環境があるからこそ良い仕事ができ、お客様に綺麗な状態のお車をお渡しできていると考えております。

まとめ

今回は、「磨きの効果」についてお伝えしました。

磨きをかけることで、表面の小さな傷がなくなり、お車がまるで新車のようにピカピカになります。
ツヤのある状態でガラスコーティングを行えば、綺麗なお車に長く乗っていただけます。
ぜひ、「磨き」のパワーをご理解いただければ嬉しいです。

当社・佐藤自動車では、磨きやガラスコーティングなどについて、ご質問やご相談を承っております。
ご興味がありましたら、何でもお気軽にご相談いただければと思います。

貴重なお時間の中で記事をお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事