Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 車のガラスコーティング【メンテナンスの必要性】プロの助言

車のガラスコーティング【メンテナンスの必要性】プロの助言

車がピカピカになり、傷や汚れ防止にもつながるガラスコーティング。
高いお金をかけてコーティングするのであれば、できるだけ効果を長持ちさせたいものです。
そのためには、定期的にメンテナンスを行うことが必要になります。
今回は、がラスコーティングをしたあとに必要なメンテナンスについて解説します。

なぜガラスコーティングの車にメンテナンスが必要なのか


ガラスコーティング後のメンテナンスとは、簡単にいえば「車の表面をキレイに保つこと」です。
具体的な方法として、「洗車」や「専用剤による白い汚れの除去」などが挙げられます。
つまり、エンジンの調子が悪いから修理するとか、システムに異常があるかどうか確認する、といったメンテナンスとは別物です。

「ガラスコーティングをかければ、何もしなくてもキレイなままじゃないの?」と思われるかもしれませんが、残念ながらそうはいきません。
ホコリやゴミ、砂や土、花粉、鳥のフン、紫外線、雨などに、車は常にさらされています。
車のボディーそのものはガラスコーティングに守られていますが、車を覆っているコーティングの表面には、汚れが付着し、次第に劣化していきます。

見た目のキレイさを保ち、ガラスコーティングの劣化を防ぐためにも、メンテナンスは欠かせないのです。

それでも、ガラスコーティングをおすすめする理由

「メンテナンスが必要なら、そもそもガラスコーティングをする意味はない」とお考えになるかもしれません。

しかし、「大切な車を守る」という点で、ガラスコーティングは大きな役割を果たします。
車のボディーが剥き出しであれば、車そのものが汚れます。
塗装にダイレクトに悪影響が出るため、劣化のスピードが早まってしまいます。
また、傷もボディーに直接ついてしまうことになります。

硬質なガラス質で車を覆うガラスコーティングは、直接的なダメージから車を守ってくれます。
水や汚れを落ちやすくする効果があるため、メンテナンスの手間が軽くなります。
長期的な視点で考えた場合、ガラスコーティングは、車にとっても車の持ち主にとっても良い効果がある、といえます。

自宅でできるセルフメンテナンス


こちらでは、ガラスコーティングをした車を自宅でメンテナンスする方法を紹介します。

基本は「水で手洗い」です。

ホースで流水をかけながら、タイヤなど足回り→ボディーのサイド面→ボディーの上部の順番で洗います。
下から上の順番で洗うのは、水滴が乾燥することによって跡がつくのを防ぐためです。
同じ理由で、水で流したあとは、なるべく早く拭き取りましょう。
コーティングを傷つけないよう、吸水性の高い素材の布地を使うのがおすすめです。
※夏場の洗い方には注意が必要です

セルフメンテナンスで気をつけるべき4つのポイント

自分で車をキレイにする場合、以下の点に気をつけましょう。

・施工直後は洗車しない
・ゴシゴシこすらない
・洗剤(カーシャンプー)を使うときは種類に注意する
・洗車機は使わない

コーティングをかけてから初めて洗車するまでは、2日ほど置くのが理想です。
コーティングの施工直後は、表面だけ乾いた状態であり、まだ完全硬化(ガラス化)していません。
ガラス化して効果を発揮させるために、コーティング剤をかけてすぐの洗車は避けましょう。

洗車というと、スポンジやブラシでゴシゴシこするイメージがありますが、この方法だと、コーティングを傷つけてしまう可能性があります。
そのため、手で洗うことをおすすめしています。

水だけでは落ちない汚れには、洗剤(カーシャンプー)を使います。
酸性、中性、アルカリ性に分かれていますが、汚れの種類によって、適した洗剤が変わります。
一般的に、油脂系の汚れはアルカリ性、イオンデポジットは酸性とされますが、使い方を誤れば、車にも人にも悪影響となってしまう可能性があります。
洗剤を選ぶときは、ガラスコーティングを施工した店に確認するのがおすすめです。
もちろん、当社佐藤自動車でも、ご相談いただければ、お車の状態に合ったメンテナンス方法をお答えさせていただきます。

洗車機は便利ですが、ブラシや巻き上げた砂利などによって、表面が傷ついてしまう可能性があります。
そのため、できるだけ洗車機の使用は避けたほうがよいでしょう。

年1回はプロの手によるメンテナンスを


どうしても落ちない汚れ対応や、できるだけ長く効果を持続させるのであれば、やはりプロに依頼するのがおすすめです。
丁寧かつ徹底的な洗浄、専門用具や専用剤を使った汚れの除去、ツヤの復元、コーティングのかけ直しなど、車のプロだからこそできるメンテナンスがあります。
年1回程度は、お店で定期メンテナンスを行うのがおすすめです。

まとめ


ガラスコーティングの効果を長く持たせたい場合、メンテナンスは重要です。
ご自分でできるセルフメンテナンスはもちろんのこと、プロに依頼する定期メンテナンスによって、お車は良い状態で走り続けられます。
ぜひ、メンテナンスを行っていただければと思います。

もし、ガラスコーティングやメンテナンスについてご不明な点等があれば、当社佐藤自動車までご連絡ください。
見積もりやご質問など、すべて無料で承っております。

また、もし当社でガラスコーティングをしていただいた場合、自分で簡単にできるメンテナンス方法をお伝えするほか、メンテナンススプレーを無料でお渡しいたします。
他にも、コーティング後もさまざまなサポートをご用意しております。

「車のことなら佐藤自動車」
あなたのお力になれれば。大変嬉しく思います。

関連記事