Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 車をガラスコーティングすると雨染みは付かないのか【洗車の必要性】

車をガラスコーティングすると雨染みは付かないのか【洗車の必要性】

ガラスコーティングには、汚れをつきにくくする効果があります。
しかし、あくまでつきにくくするだけであって、きちんと手入れをしなければ、雨染み(ウォータースポット)などが付着してしまいます。
綺麗な車の外観を保つためには、「洗車」が重要になってきます。

今回は、雨による影響を中心に、ガラスコーティングした車をどのように手入れをしたらよいのかについて解説します。

「雨染み」と呼ばれる2種類の汚れ

雨染みとは、雨水が降ったことが原因でできるシミのことです。
雨が降ったあと、車のボンネットや窓ガラスなどに、白っぽい汚れができあがっているのを見たことはあるかもしれません。
このような汚れは、雨に濡れた車を拭かず、そのまま放置しておくことによって生まれます。

一般的に、雨染みの名でくくられる汚れには、「イオンデポジット」と「ウォータースポット」という2種類のタイプがあります。
それぞれ、どんなものなのか説明します。

イオンデポジット

雨水に含まれていた残留物が、汚れとして残ってしまったものです。
雨水だけでなく、水道水や井戸水が乾いたときにも、イオンデポジットができます。
水道水などは、雨水よりも清潔なイメージがありますが、その中にはカルキや塩素、カルシウムやマグネシウムといった成分が含まれています。
水分が蒸発したことによって、これらの成分が白っぽく付着しているのです。
汚れとしては落としやすいほうで、適切に洗えば除去できることが多いです。

ウォータースポット

水滴をそのままにしておくと、太陽光の熱を集めるレンズのような働きをして、車の塗装を焼いてしまいます。
この結果、塗装が陥没を起こしたものがウォータースポットです。
陥没といっても穴ぼこが開くわけではなく、微小な凹凸ができるイメージです。
雨染みは厄介な汚れであり、ちょっとやそっと洗っただけでは、綺麗に取り除くことはできません。
方法としては、研磨して落とすことになります。
自分で対処するのは難しいため、専門店にメンテナンスを依頼するのがおすすめです。

コーティングした車も洗車をしよう


イオンデポジットもウォータースポットも、一度できてしまうと綺麗にするのが大変です。
あらかじめ予防することを前提に考えましょう。

そこでおすすめなのが、「こまめな洗車」です。
雨が降ったあとは、汚れを丁寧に洗い流し、水滴が乾く前に拭き取るようにしましょう。
たとえちゃんと洗車したとしても、自然乾燥に任せると再びイオンデポジットやウォータースポットが生まれてしまうため、吸水性の高い布地で水気をしっかり取ることが大切です。

洗車の際は、ブラシやスポンジでゴシゴシこすってしまうと、ガラスコーティングを傷つけてしまう可能性があります。できるだけ手洗いで行いましょう。

可能であれば、月に1回以上の洗車が理想です。
特に、青空駐車であったり色が濃い車であったりする場合は、汚れが目立ちやすいので、まめな洗車を心がけたいところです。

くもりの日は絶好の洗車日和

洗車というと、青空の下でやりたいという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実際のところ、おすすめの天気は「くもりの日」です。
晴れた日は太陽光が強いため、水滴が乾きやすくなっています。
拭き取る前に水滴が乾燥すると、イオンデポジットやウォータースポットの発生につながります。
太陽光が弱いくもりの日こそ、絶好の洗車日和だといえるでしょう。
同じ理由で、夕方など太陽の光が弱くなっている時間帯に洗うのもおすすめです。

親水性のガラスコーティングによる効果とは

コーティングの中には、「親水性」と呼ばれる種類があります。
水を弾いてはいるものの、水の粒にならず、ベターッと広がっている状態をご覧になったことはありませんか。
親水性のコーティングがかかると、あの状態になります。
親水性のガラスコーティングをかけると水滴ができにくくなり、イオンデポジットやウォータースポット発生しにくくなるといわれています。
もっとも、親水性のガラスコーティングをしていたとしても、水玉ができないわけではありません。
洗車をせずに汚れがたまっていけば、やはり雨染みはできてしまいます。
やはり、車の外観を綺麗に保つために一番大事なのは、定期的な洗車です。

ガラスコーティングの日に雨が降ったら?


ガラスコーティングをしたものの、その当日に、または次の日に雨が降ってしまった…というケースが考えられます。
納車日をずらせればいいですが、なかなかタイミングが難しいかもしれません。

結論からいえば、専門店でガラスコーティングを行った場合は、雨に濡れることはあまり気にしなくて大丈夫です。
専門店であれば、ガラスコーティングの表面をしっかり乾燥させているはずです。
たとえば、当社佐藤自動車の場合は、密閉された塗装ブースで「コーティングの焼付け定着加工」を行っています。

コーティング剤自体が完全硬化するには時間がかかりますが、ひとまず表面が乾燥していれば、手洗いしたあとに、水滴をマイクロファイバークロスなど吸水性の高いもので優しくぬぐえば問題はありません。
心配なときは、お店のスタッフに「帰ったあと、どのようにメンテナンスしたらいいか?」を確認しましょう。

まとめ


ガラスコーティングを施しても、洗車をせずにほったらかしていれば、イオンデポジットやウォータースポットといった雨染みはついてしまいます。
こまめな洗車をして、お車を綺麗な状態に保ちましょう。

もし、どうしても取れない汚れがついてしまった場合は、専門店に依頼することをおすすめします。
プロであれば、頑固な雨染みも落として、お車をピカピカの状態に仕上げてくれますよ。

佐藤自動車では、車のプロとして25年間、3万台にのぼるお車と向かい合ってきた実績と信頼がございます。
特に、ウォータースポットを除去し、光沢を取り戻すために必要な「磨き」の技術には自信がございます。

ガラスコーティングや雨染みなどでお困りの点がありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

関連記事