Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 車のコーティングは【なぜ高額なのか?】価格と作業から検証

車のコーティングは【なぜ高額なのか?】価格と作業から検証

「なぜガラスコーティングはこんなに値段が高いんだろう?」
「自分でコーティングすれば安くできるけど、実際DIYってどうなのかな?」

ガラスコーティングをかけるかどうか検討する上で、「価格」の問題は切っても切り離せません。
そこで今回は、ガラスコーティングの価格面に関する話をお伝えします。
具体的には、
・ご自身でやるDIYとプロによるコーティングの違い
・ガラスコーティングの価格が高額になってしまう理由
について解説します。

動画もありますので、ぜひ記事と併せてご覧ください。

DIYでコーティングを行う場合

とにかく費用を抑えたい、というのであれば、自分でコーティングをかける「DIY」がもっとも安く済みます。
材料費としては、高い製品でも1~2万円くらいで買えます。
費用が安いだけでなく、しっかりと時間をかけて、丁寧に作業できるというメリットもあります。

自分でコーティングするときの作業の流れ

ご自身でコーティングできるのであれば、全然やっていただいてよいと考えます。
こちらでは、コーティングをDIYで行う場合、どのようなやり方となるのかをお伝えします。

具体的な作業の流れは、
・洗車
・脱脂
・コーティング
となります。

まずは、洗車を綺麗にやっていただきます。
その後、「脱脂」という形で、お車の表面に油分がない状態にしてください。
そこから水で流したあと、水分が車体にまったくない状態にしてから、コーティング剤を塗っていただきます。

DIYをするときの注意点

DIYをするときの注意点は、大きく2つあります。

・風が強い日を避ける
・屋根がない場所での作業は避ける

これらは、仕上がりが汚くなってしまうのを防ぐためです。
DIY用のコーティング剤は簡単に塗れますが、環境に気をつけないと、ホコリをいっしょに固めてしまったり、引きずって傷になったり、ムラになってしまったりする可能性があります。

仕上がりをできるだけ綺麗にするために、風がない日を選び、屋内で作業を行いましょう。

専門店でコーティングを行う場合

「自分でコーティングをかける時間がない」「技術がなくて不安」という方は、専門店に依頼することをおすすめします。
価格はDIYより高くなりますが、専門店だからこそのメリットもあります。

まず、環境がしっかりとしている点が挙げられます。
風がない状態で施工できるため、ホコリが飛んでくることもありません。

また、使っている材料が良いものであること、作業を行うプロは技術力が高く、ガラスコーティングの完成度が高いのもポイントです。

専門店でコーティングするときの作業の流れ

大まかな作業内容はDIYと同じで、「洗車→脱脂→水切り→コーティング剤塗布」となります。

お車を洗車させていただく際は、「純水」という不純物が入っていない水を使って、高圧洗浄を行います。
そうすると、細かいところまで綺麗になります。

シャンプー洗車が終わると、2つの溶剤を使用して、脱脂作業を行います。
ピッチ・タールなど、油分の汚れもすべて取っていきます。
ここまで終わったら、ガラスコーティングをかけるという形になります。

コーティング専門店は、使っているコーティング剤も違います。
上質ですが、DIY用のように簡単なものではなく、慣れた人間が作業しないとムラになってしまいます。
ムラができたまま固めてしまうと、光の影で変に見えてしまうため、プロの技が求められます。

このように、良い設備環境や材料があり、技術力のあるプロが時間をかけて作業する専門店では、やはり金銭的には高くなります。

「今の車の状態が維持できればいい」ということであれば、磨きをかけずにコーティング剤を塗ればよいため、プロでなくてもできます。
ただ、ご自分でやるのが難しく、環境も材料もない場合は、専門店への依頼を検討していただければと思います。

より良いコーティングには「磨き」が重要

「車にツヤを出して、とても綺麗な状態でガラスコーティングをかけたい」というのであれば、「磨き」が重要になります。

DIYでおこなう方法

磨き作業も、DIYでやる方法があります。
具体的には、ポリッシャー(研磨機)を使って磨きをかけていきます。
その際も、風が強くない日に行うこと、できれば屋根があるところで作業していただければと思います。
さらに、車体がすべてむき出しだと、細かい箇所を傷つける可能性があるため、マスキングペーパーとテープで養生することをおすすめします。

専門店でプロがおこなう方法

専門店でも、ポリッシャーを使って塗装面を磨きます。このとき、細かい傷も全部落ちていきます。
当社では、RUPES(ルペス社)のポリッシャーを使っています。

さらに、段階によってコンパウンド(磨き剤)を入れ替えながら、磨いていきます。
また、ポリッシャーのヘッド部分に装着するのがバフも付け替えます。

コンパウンドもバフも1種類だけでは、良い仕上がりになりません。
粒子や目が粗いものと細かいものを、状態に応じて使い分けます。

当社・佐藤自動車では、3種類を使い分けることもあります。
磨くのにどれくらい時間がかかるかというと、1台だけで4~5時間かけて磨くこともあります。
そのため、コーティングを完成させるまでに3日間くらいかけることになります。

コーティングの価格の目安

時間をかけて、整った環境でプロがガラスコーティングをかけるとなれば、それに見合うだけの費用がかかります。

目安としては、磨きをかけない場合は、5~10万円くらいで良いコーティングができます。
磨きをかける場合は、10~15万円ほどの価格になります。
大きな車になると15~20万くらいが目安となり、3日間かかれば、約20~25万円ほどになるケースもあります。

作業が増えれば、それだけ価格も高くなるということになります。

まとめ

今回は、「価格」という切り口から、コーティングをDIYで行う場合と専門店に依頼する場合についてお伝えしました。
安く済ませるのであれば、DIYがもっともコストが少ないです。
お金かけてもいいから少しでも綺麗にしたい場合は、専門店にお願いすることをおすすめします。

ご自身でコーティングできるのであれば、やっていただいてまったく問題ありません。
その際に気をつけるべきは、「風がないときに作業する」「屋根があるところで行う」ということです。
磨き作業についても、「できる技術がある」「作業が好きだ」ということなら、ぜひポリッシャーなどの工具も買いそろえて、作業していただくのがいいと考えます。

一方で、「自分でやるのは不安」ということであれば、たとえコーティング剤を塗るだけだったとしても、専門店への依頼が安心です。
技術があり、環境が整っている専門店では、ガラスコーティングの持ちも輝きも違います。
磨きをかける場合は、お車がさらに綺麗になります。

当社・佐藤自動車でも、ご相談を喜んでお受けいたします。
お問い合わせいただければ、価格はもちろん、施工方法や環境設備、ガラスコーティングの実際の効果など、すべてにおいて包み隠さずご説明させていただきます。
何か分からないことがあれば、ぜひお気軽にご相談くださいね。

貴重なお時間の中で記事をお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事