Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. コーティングの耐用年数/販売店や施工店が言うことは本当なのか!プロの見解。

コーティングの耐用年数/販売店や施工店が言うことは本当なのか!プロの見解。

今回は、「コーティングの耐用年数」についてお伝えします。

「ガラスコーティングって、どれくらい持つんだろう?」
「本当に、販売店や専門店が宣伝している年数、効果が続くのかな?」

このような疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

動画もありますので、併せてご覧ください。

そもそも、コーティングが持つ状態とは何か

車の販売店などで「ガラスコーティングは、5年間まったく何もせず、メンテナンスフリーで持ちますよ」と宣伝していることがあります。

しかし、そもそも「コーティングが持つ」とは、どういう状態を指すのでしょうか?

撥水や親水、つまり、水を弾いたり流したりしている状態が5年持つと言っているのか。
もしくは、お車を傷から守る「耐スクラッチ性」の効果が5年持つと言っているのか。
洗車が楽になる状態が5年持つと言っているのか。

このように、視点でまったく違ってきます。

次項から、それぞれの視点から見たガラスコーティングの耐用年数について、詳しく解説していきます。

撥水や親水が5年持つのか?

まず、水を弾く、お車の表面から流す効果についてです。
「撥水」「親水」「滑水」など、さまざまな呼び方があります。

こちらの効果が5年間何もしないで保てるかといえば、正直難しいといえます。
「洗車をほとんどしない」
「メンテナンスをまったくしない」
このような状態の場合、効果を長期間持続させるのは厳しいです。

当社・佐藤自動車では、屋外にお車を駐車していらっしゃるお客様には「できれば2週間に1回、少なくとも1ヵ月に1回洗車していただきたい」とお伝えしています。

ガラスコーティングの専門店などで施工すると、メンテナンス剤(メンテナンスコート)をプレゼントされることが多いです。
ぜひ、洗車のタイミングでメンテナンス剤を塗ってください。

メンテナンスのやり方は簡単です。
塗れている状態のままで、メンテナンス剤をシュッシュッと吹きかけて、拭くだけです。
できれば乾拭きをしたほうがいいですが、面倒な方はメンテナンス剤を吹きかけるだけでも構いません。
メンテナンス剤を使えば、汚れを落としてくれるのと同時に、撥水性がよみがえります。

洗車についても、使うシャンプーは良いものを選んでいただけると、ガラスコーティングの撥水効果が長持ちします。
シャンプーの中には、「コロイド成分」という汚れを落としてくれる成分が入っている製品があります。
当社では、このコロイド成分が入っているシャンプーをおすすめしています。

耐スクラッチ性が5年持つのか?

「耐スクラッチ性」とは、お車の塗装面に擦り傷などがつくのを防ぐ性能のことです。
こちらの効果は、5年間持つといえます。

ただし、コーティングにも種類があります。
良いガラスコーティングであれば、効果が長期間続き、お車が守られるといえます。

施工するのであれば、ぜひ質の高いガラスコーティングをおすすめします。
耐用年数が3年のタイプと5年のタイプがありますが、その期間は、小さな傷であれば防いでくれる効果が期待できます。

洗車のしやすさが5年持つのか?

「洗車の手間」という観点から見ると、効果は5年間持つといえます。

実際、ガラスコーティングをかけて何年か経ったあと、「洗車しやすかった」とおっしゃる方が多いです。
洗車がしやすいということは、水の拭き上げが楽だということです。
また、汚れもシャンプーだけで落ちてくれます。

洗車にかける時間が省けるのは、ガラスコーティングのメリットといえるでしょう。

安いコーティングには注意

値段が安いコーティングや、新車のときにディーラーさんでやるようなコーティングには「ガラス系コーティング」というタイプがあります。

ガラス系コーティングは完全無機質なガラスではないため、雨や汚れ、太陽の熱によって、どんどん剥がれてしまいます。

一方、無機質な成分のみであるガラスコーティングであれば、耐用年数はずっと長くなります。
お金を出して施工するのであれば、ガラスコーティングがおすすめです。

まとめ

今回は、3つの観点から見たガラスコーティングの耐用年数についてお伝えしました。

  • 撥水、親水、渇水
  • 耐スクラッチ性(傷のつきにくさ)
  • 洗車のしやすさ

塗装が守られる耐スクラッチ性、そして洗車がしやすいという点では、ガラスコーティングなら耐用年数は5年間持つといえます。

一方、撥水や親水、渇水という水の弾きやすさの点から見ると、耐用年数は変わります。
ガラスコーティングをかけたときと同じくらいの効果が続くかどうかは、洗車やメンテナンスの頻度に左右されます。

1年に1度、専門店のプロにやってもらうメンテナンスはもちろんのこと、普段からご自身でもメンテナンスを行うことが大切です。

ガラスコーティングの効果を持続させるためにも、ぜひ専門店の方のお話を聞いて、やり方をしっかりと守ってメンテナンスを行うことをおすすめします。

当社・佐藤自動車では、実績豊富なプロによる、質の高いガラスコーティングをご提供しております。
メンテナンスやお客様のサポートも行っておりますので、ぜひご相談いただければ嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事