Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. コーティングを依頼するタイミングは新車の時?3年後?プロの助言

コーティングを依頼するタイミングは新車の時?3年後?プロの助言

「ガラスコーティングは、いつかけるのがいいんだろう?」
このような疑問をお持ちの方は少なくありません。

そこで今回は、「コーティングを業者に依頼するタイミング」についてお伝えします。

新車や中古車を買ったときがいいのか。
3年後の車検を受けたときがいいのか。
2回目の車検を受ける5年後くらいがいいのか。

当社・佐藤自動車でも、お客様からご相談いただくことがあります。
プロの見解として、どのタイミングでガラスコーティングをかければいいのか、解説していきます。

動画もありますので、併せてご覧ください。

車を買ったタイミングがベスト

結論からいえば、新車や中古車を買ったタイミングで、ガラスコーティングをやっておくことをおすすめします。

なぜかというと、買ったばかりの新車は、間違いなく一番お車が綺麗で、まっさらな状態だからです。
小さな傷があることもありますが、それでも、車を走らせ続けるよりは、間違いなく綺麗な状態にはなっています。

中古車の場合でも、新車ほどではありませんが、やはり買ったときが一番綺麗なことがほとんどです。
車の板金塗装を20年以上行っている立場からすると、年数が経つにつれて、間違いなく車の塗装が劣化していく、といえます。

ガラスコーティングをかけるのであれば、お車が一番綺麗な状態でこない、塗装面にバリアをしてあげるということがベストです。

雨が塗装を劣化させる

劣化の原因として一番多いのは「雨」です。
雨に濡れて、汚れたまま水滴が乾いてしまうと、塗装を劣化させます。

土砂降りの雨であれば逆に汚れを落としてくれます。
しかし、少し降る程度だと、汚れも水も流れ落ちず、そのまま「水のかたまり」として車の表面に残ります。

こうなると、汚れと水が相まって、水垢や雨ジミ、イオンデポジットやウォータースポットなどと呼ばれる汚れにつながります。

やっかいなのが、ウォータースポットです。
これは、塗装にクレーターのようなものができてしまうというものです。

クレーター状の汚れは、洗車ではなかなか落ちません。
磨きをかけるのも、とても大変になります。

もちろん、磨きで汚れが取れないことはありませんが、その分お金がかかってしまいます。

コーティングでクリア層を守ろう

磨きのときに問題になるのが、クリア層の厚みがなくなってしまうということです。

「お金をかけて汚れが取れるなら、それで構わない」という意見もあるかもしれません。
しかし、磨きをかけることによって、お車の表面にあるクリア層が、どんどん薄くなってしまいます。

クリア層は、お車の塗装を守る役割をしています。
厚さは、およそ30ミクロンあるとされています。

磨きをかけるということは、このクリア層を削っていくということです。
ガラスコーティングをかければ、バリアの役割を果たすため、クリア層をそこまで損なわずに済みます。

新車でも中古車でも、何もしないまま乗り続けていれば、どんどん塗装が劣化していきます。
今後のお車の価値、綺麗さを保つという点を踏まえると、お車の購入タイミングでガラスコーティングを施工することをおすすめします。

車検のタイミングはどうか?

「3年経った車検のときに、ガラスコーティングすればいいんじゃないか」と考える方も多くいらっしゃいます。

しかし、前述したように、時間が経つほどにお車の塗装状態は劣化します。
何もやっていない3年後の状態と、ガラスコーティングをし3年後の状態で比べると、まったく劣化度合いが違います。

劣化が進んだあとで綺麗にガラスコーティングをしようとすれば、磨きをかけるお金がかかるほか、クリア層の厚みも薄くなってしまいます。

劣化度合いは、保管状況によっ左右されます。
たとえば、5年間雨ざらしだった場合、クリア層を半分削るくらい磨きをかけないと、綺麗なツヤが出てきません。

おを守るために、1番重要なのはクリア層です。
クリア層は、厚みがあるほうがいいとされています。

新車の状態がもっとも膜厚があります。
しかし、それがどんどん劣化・削られていくと、もしお車が傷ついて修理することになった場合も、傷を磨き落としづらくなってしまいます。

今回、新車や中古車を買われる場合は、ぜひ購入タイミングでガラスコーティングをかけることをおすすめします。
一番最初にバリアをしてあげることで、お車を長く、綺麗に乗り続けることができます。

まとめ

今回は、「ガラスコーティングはどのタイミングでやったほうがいいのか」についてお伝えしました。

もっとも良いのは、お車購入のタイミングです。
最初の一番綺麗な状態で守る、ということをおすすめします。
ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

当社・佐藤自動車では、記事と動画でガラスコーティングに関する情報を発信しています。
また、お客様からのご相談やご質問も、無料で承っております。
ガラスコーティングについてご興味があれば、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事