Blog

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. コーティング下地処理。密着強化の観点からクレンジング〜研磨処理まで

コーティング下地処理。密着強化の観点からクレンジング〜研磨処理まで

今回は、コーティングにおける「下地処理の重要性」についてお伝えします。
ガラスコーティング等を密着・強固にするためには、コーティング剤を塗布する前の「下地処理」が大切なポイントとなります。

動画もありますので、併せてご覧ください。

3つのポイント

ガラスコーティングの密着強化の観点から、下地処理に関する3つのポイントを紹介します。

洗車だけでは良いコーティングはつかない

ご自身でコーティングされる方、また、施工会社さんによっては、「洗車だけをして、すぐにコーティング剤をかける」という場合があります。

しかし、このやり方では、間違いなく「強固なコーティングが乗ることはない」と思っていただいたほうがいいです。
これは、ガラス系コーティングでも、ガラスコーティングでも同じです。

会社の看板や市販の製品に「洗車の後にコーティングが乗る」と書かれているものありますが、プロとしては、正直、密着性は相当悪いと判断します。

お車を普通に使っていると、ホコリや泥はもちろんのこと、油系の汚れであるピッチタールなどがつきます。
このような油分は、洗車だけではなかなか落ちません。

油分がついた状態で、「コーティングが綺麗に密着するか」といえば、正直難しいです。
そのため、洗車だけでガラスコーティングなどをかけても、強固で良いコーティングにはならない、と理解していただければと思います。

クレンジングを行う

おすすめの下地処理は、「クレンジング」というタイプです。
油分を溶かして洗車し、コーディングを塗るものです。

当社・佐藤自動車では、2種類の溶剤を使って油分、ピッチタールを溶かして取り除きます。
そこから洗車をして、ガラスコーティングをかけています。
ぜひ、コーティングをかけるときには洗車だけではなく、ここまでやっていただきたいと考えます。

洗車シャンプーの中には、脱脂剤が入っているものがあります。脱脂シャンプーと呼ばれるものですね。
脱脂シャンプーも、使わないよりは使ったほうがいいですが、やはり、それだけでは汚れを取り切れないことが多いです。

ピッチタールなどを除去できる溶剤を用いて下地処理を行っていただき、そこからコーティングを密着させたほうが強化されます。

水性のコンパウンドを使う

コンパウンド(研磨剤)は、油性ではなく、水性の製品を使用することをおすすめします。
コンパウンドとは、磨きをかけるときに使用するものです。

ガラスコーティングなどをかける場合、「磨きをしっかりかけて少しクリア層を削り、お車の表面を完全にまっさらの状態にしてから、コーティングをかける」というやり方があります。
コーティングがしっかりと定着してくれるので、間違いなく効果が高いです。
また、長い期間効果が持続します。

その際に気をつけなければいけないのが、コンパウンド(研磨剤)の種類です。
油分が入っているコンパウンドで磨いてしまうと、その油分が、コーディングの密着に邪魔となってしまいます。

そこでおすすめなのが、水溶性のコンパウンドを使っていただくことです。
当社で使用しているのも、もちろん水性のコンパウンドです。
他の業者さんでも、考えて使っている方は多くいらっしゃると思います。

もしご自身で研磨をされるのであれば、ぜひ水性のコンパウンドを使ってください。
水性のコンパウンドで磨きをかけて、洗車をして、それからガラスコーティング、というやり方をおすすめします。

なぜ水性ではないコンパウンドを使う業者さんがいたり、そういう製品が売っているかというと、磨きやすいからです。
油が入っていると伸びが良く、ポリッシャー(研磨機)で作業しやすいのです。

水性は、油性に比べてやはり伸びが悪いので、もし作業しやすいコンパウンドを選ぼうとすると、どうしても油分が入っている製品になってしまうということです。

しかし、「コーティングの定着」という観点から考えると、ぜひ水性のコンパウンドを使っていただきたいと思います。

まとめ

今回は、コーティングにおける下地処理について、3つの観点からお伝えしました。

1つ目は、洗車をしただけの状態でコーティング剤は塗るべきではない、ということ。
2つ目は、クレンジングで油分などの汚れを取ってから、コーディングをしていただきたい、ということ。
3つ目は、研磨したほうがコーティングは定着する。その際には、油性ではなく水性のコンパウンドをぜひ使っていただきたい、ということ。

ガラスコーティング等をかける場合、以上の3つのポイントを意識していただければと思います。

当社・佐藤自動車にご依頼いただいた場合は、必ずクレンジングから入らせていただきます。
「磨き」の量については、金額によって決めていただければと思います。
お客様ご自身がどこまで求めるかによって、必要な磨きは変わってくるからです。

当社では、お客様のご希望を丁寧にヒアリングし、最適なコースをご提案させていただきます。
こちらから一方的にコースを押しつけることはございませんので、安心してご判断いただければと思います。

また、事前のご相談やご質問も無料で承っております。
わからないことがあれば、ぜひお気軽にご連絡くださいね。

貴重なお時間の中で記事をお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事